STAFF BLOGスタッフブログ

2020/03/12軍艦島30号棟の危機


みなさんこんにちは!

3月に入りお花見の季節なのですが
コロナウイルスにより自粛モード。。。
今年は春のイベントが楽しめませんね( ̄  ̄)
とても残念なスタッフ桑です↓↓



さて上陸が再開し、
毎日島内へ上陸している軍艦島コンシェルジュから情報が入りました!
建築され103年経ちました「30号棟」ですが
なんと倒壊の予兆が見えているようです。。。


こちらをご覧ください。
2018年頃の30号棟の写真です。




30号棟


そしてこちら。
こちらは軍艦島の上陸が再開されました
2020年2月21日の写真です。

30号棟


大きな枠が特徴ですが、
部屋を繋ぐ柱が欠落してしまっています。
2018年頃の写真と比べるとよくわかりますね(@_@)

30号棟

一番上の横の柱もヒビが入ってしまっています。
昨年9月にきた台風の仕業でしょうか。。。


30号棟かなり心配な状態ですm(__)m
今後も30号棟、そして軍艦島の「変化」を
しっかりチェックしていきます!




現在軍艦島は、今の姿をそのまま残すように
保全活動を行なっております。
ですが実は、保全の対象のなっている建物の中に・・・・
30号棟は入っていないのですorz


写真は島内の建物の劣化度を表しています。
30号棟は劣化が進みすぎて保全ができないといわれ、
何も手をつけれずそのまま倒壊するのを見ているだけの状態です。

保全対象


記念すべき「日本初の鉄筋コンクリートアパート」の30号棟。
とても貴重な建物となっていますので、どうにか残せないものかと
各方面のプロフェッショナルの方々も研究をしてくれています!


当館のコンテンツ「我がふるさと・軍艦島の軌跡・30号棟の価値」
でも
中村陽一さんが30号棟の保存方法を考えた
インタビューの放映があります。

陽一さん


陽一さん

ぜひ来館された際はご覧くださいませ( ^ω^ )



先日延期になりました「軍艦島アート&シンポジウム」に
参加予定だった中村さん。


シンポジウム

余命展

延期になった開催日を5月に予定しております^ ^
30号棟についてのお話も聞けるかもしれません。お楽しみに♪!!!
イベントの日程などの詳細はまたお知らせにてご報告いたします。



それでは今回のブログはこのへんで★
また次回〜( ̄▽ ̄)



最新記事

月別アーカイブ

  • 長崎軍艦島デジタルミュージアム 入場券+MRホロレンズのご予約はこちらから
  • 長崎軍艦島 元島民コラム
  • 長崎軍艦島デジタルミュージアム 展示物紹介
  • 軍艦島のガンショーくん Online Shop
  • 軍艦島クルーズへのご案内
  • おさんぽガンショーくん
  • 軍艦島のガンショーくん MRホロレンズ公式Twitter