COLUMN元島民コラム

2019/11/26丸山 了「朝日のあたる家、夕日のあたる家」

「朝日のあたる家、夕日のあたる家」


昭和30年代の初期の頃、父方の祖母が

65号棟の2階に住んでいたので
よく泊まりに行った。
翌日の朝食の時、野母半島から朝日が昇る。
清々しい朝日を眺めながら朝食を食べる。

昭和40年代の中頃、

両親が14号棟(中央社宅)に住んでいた。
その頃私は端島の住人ではないの
時々帰省をする。

夕食時は水平線に沈む
柔らかい日差しを眺めながら食事をする。
この風景を当時は何も気に留めることなく、
当たり前の風景と眺めていた。
後々、このふたつの風景は至福の時間だったと
気がついた訳である。


あの風景はやっぱり懐かしい。
もう一度あの風景の中で御飯を食べてみたいものだ。








丸山 了


昭和24年2月26日生まれ

生まれてから昭和42年の高校卒業まで軍艦島で過ごす。
坑夫の父を持ち、両方の祖父も炭坑夫だった。
住んでいたアパートは、16号棟、18号棟、65号棟。
当時は学生で、遊び・イベントなど色んなことを軍艦島で経験する。
軍艦島は「青春の場所」と話す。



丸山様


丸山様





  • 長崎軍艦島デジタルミュージアム 入場券+MRホロレンズのご予約はこちらから
  • 長崎軍艦島 元島民コラム
  • 長崎軍艦島デジタルミュージアム 展示物紹介
  • 軍艦島のガンショーくん Online Shop
  • 軍艦島クルーズへのご案内
  • おさんぽガンショーくん
  • 軍艦島のガンショーくん MRホロレンズ公式Twitter