STAFF BLOGスタッフブログ

2019/06/25満州から引き揚げのお話


みなさん こんにちは

いかがお過ごしでしょうか。

軍艦島デジタルミュージアムのトシです。

 

今回のブログは東京都葛飾区からご夫婦でお越し頂きました

 

寒河江(さがえ)功様と奥様の由子様のご紹介です。



とし

 

功さんは子どもの頃 旅順の近くの住まわれていたと

お話をされていました。

丘の上全体が石炭で、「太陽の光が当たるとキラキラと光り

とても綺麗だった」と、記憶を辿られていました。


とし 

鉱床が地表近くに平板状に存在した。
日本にはあまり行われない露天掘りの(フーシュン)撫順炭田辺りではないかと
思いますが。(違ったらすみません。)


とし

お父様の仕事の関係により満州で終戦を迎えられたそうで、
満州を引き揚げる際、長い道のりを大変な思いをされて
日本に帰ってこられたそうです。




お父様はすぐに動くことはできず、
子供だけで危険な道を引き揚げてきてやっとの思いで
博多港に着かれたそうです。
その時のお話しするとき、感極まって涙ぐまれていました。



とし




実は私の父も戦時中陸軍で満州にいたと聞いております。
軍服姿で馬に乗った父のセピア色の写真と

生前満州戦線での苦労話をよく聞かされていましたので、
父との思い出にダブル部分もあり、

とても他人事ではいられない思いで、お話に聞き入っておりました。


とし




人に話したのは、初めてだと言われていましたが。

きっと戦後生まれの私たちには想像ができないほど
つらい思いをされたのでしょうね。



とし


寒河江さまのような経験をされたお話しは本当に貴重だと思います。
私ももっともっと歴史を積極的に学んでいきたいと身が引き締まる思いです。


これからもご自愛なされまして沢山の事を、
私達に教えてくださることを願っております。

また長崎にお越しになるときはミュージアムにお越しください。

心よりお待ちしております。



ご夫婦様ともお元気でお過ごしください。

それではそろそろ

次のブログでお会いしましょう。

軍艦島デジタルミュージアム トシでした。

 

 

最新記事

月別アーカイブ

  • 長崎軍艦島デジタルミュージアム 入場券+MRホロレンズのご予約はこちらから
  • 長崎軍艦島 元島民コラム
  • 長崎軍艦島デジタルミュージアム 展示物紹介
  • 軍艦島のガンショーくん Online Shop
  • 軍艦島クルーズへのご案内
  • おさんぽガンショーくん
  • 軍艦島のガンショーくん MRホロレンズ公式Twitter